業者選びに役に立つ建設・工務店に関連した業者をご紹介します。

建設業界コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月14日 [FAQ]

建設会社はどういったアフターフォローをしてくれますか?

子供がたくさん生まれて大家族と呼べる状態になったため、家族みんなが快適に暮らしていけるように一戸建ての住まいをほしいと思っているのですが、建設会社のサービスやサポートについて悩んでいます。
家を建てるだけではなく、その後のこともしっかりとサポートしてくれる建設会社を選びたいと思っているのですが、どういったアフターフォローを用意してくれるものなのか、教えてください。

回答

定期点検や長期保証といったアフターサービスがあります


建設会社の中には家を建てて終わりではなく、そのあとも10年20年とサポートを続けてくれる会社があり、そういう会社に家づくりを依頼すれば、いつまでも快適な住まいを維持し続けることができるでしょう。
たとえば、年に最低1回は訪問してくれる業者があり、そこで担当者と住まいに関する話をして、少しでも気になる点があれば、それを改善するための提案を受けることができるのです。
また、定期的にお知らせのハガキを送ってくれる業者もあり、そこでは業者のサービスに関する最新情報が記載されており、メンテナンスやリフォームなどについてお得な情報を得ることができます。
定期的に無料点検をしてくれる建設会社はたくさんあり、10年や20年など期間限定となっているところから、無期限でいつまで経っても無償で点検を実施してくれるような業者もあります。
定期点検を受けることは大切であり、そこで住まいの劣化の度合いを調べてもらい、問題のある箇所については修繕してもらうことができるため、住まいをいつまでも大切に扱うことができ、寿命をできるだけ延ばすことが可能となるでしょう。
また、第三者機関を利用した長期保証をしてくれる業者もあり、家づくりの際に工事にミスがあったり欠陥工事が行われていたりするケースがないのかしっかりとチェックをして、万が一問題が見つかれば無償で対応してもらえます。
ほかにも、それぞれの建設会社ごとに独自の取り組みを行っているところが多いため、どういったアフターフォローを用意しているのかに注目して業者を選んでみるとよいでしょう。
一戸建ての住まいは、建ててからそこで20年や30年と暮らし続けるものであり、住まいは経年劣化していくもののため、劣化を防ぐためにさまざまな対策を講じることが大切であり、そうすることによって、30年経っても同じ家に住み続けることができるのです。
自分のマイホームを子供や孫の世代にまで受け継いでもらうためのアフターサービスが充実している業者を探しましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク