業者選びに役に立つ建設・工務店に関連した業者をご紹介します。

建設業界コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年09月18日 [FAQ]

ハウスメーカーと工務店それぞれのメリットとデメリットは?

マイホームを建設するにあたり、これまでは何の疑いもなくハウスメーカーにお願いしようと思っていて、地元や大手など住宅展示場を持ついろいろな会社を回ってたくさん話も聞いて、それぞれの特徴も調べていました。
もちろん工務店の存在は知っていましたが、個人の大工さんがこじんまりと営業しているのをイメージしていて、これから何十年も住む家の管理を長くしてもらえるとは思っていなくて、完全に候補から外れていました。
しかし、その工務店にはかなりの数の大工さんもいて、設計を専門にしている人も複数人いることが分かり、友人曰く、ハウスメーカーよりも安く家を建てられるし、経営状態もしっかりしていて、株式会社として営業しているので、この先も安心だということでした。
私たちが気に入ったなら、紹介してあげるし、そうすれば価格の相談にも応じてもらえるということでかなり心が揺らいでいるのですが、そのような工務店に限定した場合に、工務店とハウスメーカーそれぞれに依頼するメリットとデメリットを是非教えてください。


回答

1社に絞らないで複数社から見積りを。


一概には言えませんが、確かにはハウスメーカーと工務店を比較した場合、工務店の方が施工費は安くなる可能性は高いです。
それが工務店にマイホームの建設を依頼する大きなメリットで、その他にも工務店は地域密着型で営業しているため、何かあった時の対応が早く、加えて、柔軟で自由度の高い設計をしてもらえるのも、かなり大きなメリットです。
デメリットは、やはり大手ハウスメーカーと比較すると、どうしても経営規模が小さい分、現在は経営が安定していても、この先長く生きの残れる確率はどうしても低くなってしまいます。
ハウスメーカーにも大小いろいろありますが、全国展開している大手なら、経営が安定している他にも、ブランド力や信頼感があるところが大きなメリットです。
ハウスメーカーの場合は、建物が規格化されていることがほとんどで、これはメリットともデメリットとも言えますが、規格化する分材料の大量仕入れを可能にできることから、中には工務店よりもかなり低コストで家の建築を可能にしている会社もあるので、やはり最初からどちらか一方に絞らないで、工務店、ハウスメーカーと複数社から見積りを取って、比較することをおすすめします。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク