業者選びに役に立つ建設・工務店に関連した業者をご紹介します。

建設業界コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年12月18日 [FAQ]

家の建設で施工会社と打ち合わせをする時に注意しなければいけない点は?

結婚して間もなくは、恋愛期間も短かったこともあり、子供も敢えてつくらない期間を設けて、休みを合わせて旅行を楽しんだり、仕事帰りに待ち合わせをしてお洒落なお店で豪華ディナーを楽しんだり、新婚生活を思いっ切りエンジョイしていました。
お互いに独身時代も長かったので、それなりの貯えもありましたが、新婚当初はかなりお金も使ってしまって、そろそろ子供が欲しいと意見が一致してからは、将来のことを真剣に考えて、マイホームを持つことを決めて、再び貯蓄に励んできました。
その間お陰様で可愛い女の子にも恵まれて、あと1年もすれば小学生になるので、この辺で家の建設を実現させることにしました。
現在施工会社選びをしているのですが、いくつか候補を絞って、プラン作りも含めた打ち合わせをしている段階です。
まだどこに依頼するか決めていないのですが、業者選びで注意した方がいいことがあれば是非教えて欲しいので、どうぞよろしくお願いします。


打ち合わせの内容は書面で残しておきましょう。


型にはまった企画住宅を建ててもらうのではなく、注文住宅を建設する場合は、業者との打ち合わせはかなり大きな意味合いを持つ大事な作業です。
特にまだどこに依頼するか決めていない状況であれば、質問や不明な点があれば、絶対に遠慮したり後回しにしようとしないで、積極的に確認しましょう。
この時に質問や疑問を曖昧にするような会社とは、取引しない方が賢明ですし、打ち合わせをしている担当者によっても、満足いく家を建てられるかが決まってくるので、会社自体は気に入っていて、担当者に不安がある場合も、遠慮しないでその旨を伝えましょう。
家のプラン作りと見積書を出してもらうまでは、大抵の会社が無料で対応してくれるので、建設費用だけではなく、土地の購入費用と諸経費も含めて、家を建てるために必要な全ての費用を算出してもらいましょう。
それ以外にも、マイホームを持つ時には、家具や家電や照明やカーテンなど、設備等でいろいろな費用がかかるので、どこまでが建設費用に含まれているのかを確認しましょう。
打ち合わせをする時に、きちんと議事録を残してくれる会社だと問題ありませんが、口約束だけだと、後で言った言わないのトラブルになることも考えられますので、約束や確認した内容は、必ず書面にして残しておくようにしましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク