業者選びに役に立つ建設・工務店に関連した業者をご紹介します。

建設業界コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年01月17日 [FAQ]

信頼して注文住宅づくりを任せられる工務店を選ぶ方法は?

注文住宅を建設するにあたり、これまで建物に関する知識がなくて、住宅展示場をたくさんもつハウスメーカーしか依頼先の候補になかったわけですが、周りからもいろいろ聞いたり、自分でも調べて多くのことを知るうちに、どこに依頼しても実際に家のほとんどの建設を行うのは大工さんであることを知り、それなら大工さん抱える工務店に注文住宅の建設を依頼した方がいいと思い、地元の工務店に絞って施工業者選びをしているところです。
もちろん、すぐになくなってしまうような工務店では心配なので、今後も長くアフターを任せられることが条件ですが、信頼できる工務店を選ぶ方法を教えてください。


回答

下請けばかりしている工務店は候補から除外しましょう。


どの地域にも地元で長く家を建てている工務店は存在していますが、昔と比べて今の時代は、請負だけでご飯が食べられる工務店の方が少ないことをまずは理解してください。
多くの工務店は、自分たちでは仕事がとれなくなって、ハウスメーカーや建設会社や設計事務所などの下請けを専門にしています。
そのような工務店は、長年自分たちで設計もプランづくりにも関わっていないため、急に請負の仕事をしても、新しいものを建てられる発想力にも乏しくなっていて、期待以上のものをつくってもらえる可能性は極めて低いと考えられます。
したがって、工務店に注文住宅を建ててもらうなら、請負一本で仕事をしているところを選ぶのが大前提となります。
個人経営の工務店に依頼する場合は、後継ぎ問題も重要なチェックポイントになりますが、万一家を建てている途中で何かあったときのために、他の施工会社が引き継いで家を完成してくれる保証に加入していることを事前に確認しましょう。
工務店を選ぶ時の大事なポイントが技術力で、どんなに高い設計力があっても、それをきちんと形にしてくれる技術がなければ話になりません。
技術力を裏付けるものには、施工管理技士や建設士などの資格を有するスタッフの存在もありますので、依頼前にその点もしっかり確認しましょう。
工務店に依頼する場合は、ついつい金額ばかりに気がいってしまいがちですが、総額が安過ぎる業者は手抜き工事をするような悪徳業者であるケースも多いため、これまで建てた家や、現在建設中の建物を実際に見せてもらって、これまでのお客様の意見も確認できれば、安心感にもつながり、細かいところまで自分の目で確かめることもできます。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク